内海町へようこそ

内海町(広島県福山市)観光協会のホームぺージです。各シーズンのおススメポイントなどをご紹介致します。年間を通じて知り・楽しむことのできる歴史・釣り・漁業体験がオススメです!さらに、内海町にはラブパワースポットやパワースポットもあります。

春の内海町にはお花見のスポットが多数あります。夏の内海町には家族で楽しめる海岸があります。秋の内海町では歴史探索、冬の内海町では綺麗な椿を観賞することができます。どうぞ内海町で楽しい一時をお過ごし下さい。



旬のおすすめ情報

 

▼イベント情報

・【内海わくわく島市

  日時:毎月第2日曜日9:00~14:00

  場所:福山市内海町ロ2428-8 内海ふれあいホール

  内容:地元の方が作った野菜や果物、地元の豚肉、お餅や焼き菓子、お弁当やカレー

     その他島外の方の出店もあります。にぎやかな島市へ、ぜひお越しください!

 

 ▼ビーチ情報

\この夏も内海のビーチへGO!/

・【クレセンビトーチ】7月16日~8月21日9:00~17:00

・【シーパーク大浜】6月26日~9月4日10:00~17:00

 

▼お魚情報

\内海町では漁師さんから直接、魚を買えます!/

4月~12月は【とれぴち活魚市場】←詳細はリンクをクリック!

11月~3月は【漁師の浜売り】←詳細はリンクをクリック!

 

▼キャンプ情報

\内海町には海を眺めながらキャンプを楽しめる施設もあります!/

・【クレセントビーチ】←詳細はリンクをクリック!

・【シーパーク大浜】←詳細はリンクをクリック!


イベントカレンダー


新着情報

  • 2022年11月20日「おみやげ市場」開催!地元の事業者さんの販売会があります。【内海町ロ393-4】【10:00~14:00】
  • 2022年11月1日「漁師の浜売り」が今年も始まります!(3月末まで)
  • 2022年10月16日「おみやげ市場」開催!地元の事業者さんの販売会があります。【内海町ロ393-4】【10:00~14:00】
  • 2022年10月15日「とれぴち活魚市場」が再開!秋冬は12月末まで毎週土曜日開催!年末は12月29,30,31日もやってます2
  • 2022年7月17日「シーカヤック体験inシーパーク大浜」開催!7月17日,23日,31日、8月6日,11日,20日,21日
  • 2022年7月16日「クレセントビーチ」海開き!7月16日~8月21日9:00~17:00
  • 2022年7月10日「TRUMP Paddle Sessions」開催!クレセントビーチにてSUPイベント!
  • 2022年6月26日「シーパーク大浜」海開き!6月26日~9月4日10:00~17:00
  • 2022年4月15日「みんなのせとうち備後芸術祭」開催!町内でアート展示!5/15(日)まで
  • 2022年4月9日「とれぴち活魚市場」が今年も始まります!春は5月まで毎週土曜日開催!
  • 2022年5月3日    大漁まつり コロナウイルスの影響の為中止。
  • 2022年4月末頃 「ふくろうの花畑」の芝桜が見頃です!
  • 2022年3月~ 3月末~4月上旬まで桜が見頃です!憩いの森がおすすめですよ◎
  • 2022年2月~ 内海町の花「水仙」が見頃です!やぶ椿と水仙の里へどうぞ!
  • 2022年1月16日「うつみ牡蠣まつり」開催!! →中止となりました

内海町のコレを楽しんで!

内海町では春から秋にかけて、大海原をステージに、波音をBGMに、潮の香りをスパイスに、愉快ななひとときが待ち受けています。まずは、フィッシング・定置網観光にお出かけ下さい。漁師さんのかけ声とともに網を引き揚げると、網いっぱいの魚が跳び跳ねます。お昼は取れたての魚で豪快に船頭料理をいただきます。新鮮な海鮮料理は美味の一言!!

普段の生活では消して味わうことのできない、野趣豊かな漁業の醍醐味にふれることができ、気分はすっかりフィッシャーマン!! そして最後は、のんびりクルージングへご招待。帆を張りいっぱいに風をはらんで、船は白い波間をぬって快走します。約3時間のクルージングの間、瀬戸内の多島美とフロンティアスピリッツを心から感じていただけるでしょう!!

四方を海に囲まれた内海には他とは少し異なる生態系が存在し、海浜地域特数の様々な植物が生育しています。初夏、潮風が吹き付ける海岸では、植物が育ちにくい岩上に、ハマナデシコの紅紫の花、ハマボッスの白花が見られます。春から、初夏にかけては、ハマエンドウが華麗な花を咲かせます。砂地と草地が接するあたりにはツルナ、ハマボウフウが生息しています。

これらは若芽を摘んで刺身のつまにしたり、吸い物の香り付けに好まれています。その他、ハマゴウ、シャシャンポ、トベラ、ウバメガシが生息しています。ウバメガシは瀬戸沿岸部を代表する常緑高木であり、内海の「町の木」ともされています。コンクリートの護岸工事で消えていく海浜植物が多い中、内海には彩り美しい多くの植物が息づいています。


内海町の一年